03 12月

夕焼けの景色が美しいです

京都には高さ制限というものがあります。どなたが考えられたのかは存じませんが、これは大変いい条例だと考えます。というのは、高さが低いので、3方向のお山がきれいに見えるのです。西から、東山。東から嵐山です。南から北山も見えます。

マンションの3階から、はるか彼方をのぞむと、そこには、これぞ日本というようなグラディエーションがかった夕焼けに山の影が映って、それはそれは美しい景色です。私は、もともと文学部で古典を専攻していたので、京都のこんなけしきを見て、しみじみと喜びを感じています。

以前、埼玉県の入間市というところに住んでいましたが、そこも駅から秩父の山々が夕日に映えて美しく見ることができたのを思い出します。